ルーフレールのない車にルーフボックスを取り付ける方法

ルーフバッグ

ルーフボックスナビ編集部です。

ルーフボックスをつけたい

っと、思って自分の車を見ると

ルーフレールがない!?あれ?つけられない???

っと、気づかれる方が多いようです。

ルーフレールがないとルーフボックスがつけれない…そう思って諦めてしまう方がおられるみたいです。

ホントに諦めるしかないのでしょうか?

今回の記事は、ルーフレールが無くルーフボックスを諦めてしまっている方、ルーフボックが付けれるのか不安に感じておられる方向けの記事です。

ルーフレールが無く諦めている方に朗報

多くのメリットがあるルーフレールですが、日常生活ではあまり使用しませんよね。

ですので、オプションで付けなかったり、付いてない車を買われた読者の方も多くおられるのではないでしょうか?

そのため、ルーフボックスを諦めている方も多いはずですが、本当につけれないのでしょうか?

諦める必要はありません!

ルーフボックスをつける2つの方法をご紹介します。

ルーフレールが無くても付けれるものもある!?

ルーフレールがない場合でも取り付けることができるルーフオンタイプというものがあります。

ルーフオンタイプ

出典元:楽天市場

こちらのタイプは、レールでは無くドアの縁に専用の取り付け金具を使用して固定します。

innoやTHULEなどの大手メーカーから多く販売されています。

しかし、ルーフオンタイプは各メーカーでの適合のある車のみでしか、取り付けできません。

ですので、自分の乗っている車で適合がない…と、いった場合もあります。

よく調べてから購入しましょう。

オールラウンダーのルーフバッグがおすすめ。

適合者か調べたり、取り付けが面倒だなぁ…

普段はあまり使わないから、邪魔だなぁ…

そんなにお金をかけたくないし…

そんな人に、オススメなのがルーフバッグです!

ルーフバッグ

出典元:楽天市場

どんな車にも簡単に取り付けることができ、コンパクトに保管できます。

ルーフバッグならばルーフレールがなくても大丈夫

ルーフバッグはとても取り付けが簡単です。

細かい作業や専門知識もいらないので、初心者にも設置できます。

ルーフレールやベースキャリアが不要

ルーフバッグの取り付けは、車内を通したり、クリップで設置するため、どんな車でも取り付けることができます。

そのため、ルーフレールやベースキャリアすら必要ありません。

※一部の設置方法は、スライドドアでは取り付けができない場合がございます。

なんなら、設置するのに工具もいらない!

取り付けは、「付属の部品で引っ掛ける」「ベルトを通す」などの簡単な作業だけです。

そのため、取り付けのためにドライバーなどの工具すらいりません

脱着も慣れれば10分程度で可能です。

ルーフバッグの取り付け方

ルーフバッグをつける方法は、なんと3種類もあります。

  1. カークリップを取り付ける方法
  2. 車内にストラップを取り付ける方法
  3. ルーフラックに取り付ける方法

ご自身の車に、最適な取り付け方法を見つけてください。

編集部おすすめポイント!

どの設置方法も、バッグの下に滑り止めマットを引くと、より効果的に固定できます。

カークリップを取り付ける方法

付属のカークリップ4つを、それぞれのドアの縁に引っ掛けるだけです。

一番簡単な方法ですね。

設置方法

出典元:楽天市場

車内にストラップを取り付ける方法

車内に付属のベルトを通し、車の中で固定します。

車の天井に結びつけるような形になります。

設置方法

出典元:楽天市場

ルーフラックに取り付ける方法

もちろん、ルーフラックが付いている車にも設置可能です。

ルーフラックに専用のベルトを固定し取り付けます。

設置方法

出典元:楽天市場

おすすめのルーフバッグ

ここからは、ルーフボックスナビ編集部のオススメのルーフバッグをご紹介します。

今回、紹介するのは大人気のルーフバッグメーカーの3つです

LACOMETA

とりあえず、ルーフボックスを試してみたい…と思われている方におすすめの商品です。

ルーフキャリアバック

出典元:amazon.com.jp

お手頃価格なのに、290L入る大容量で、収納性能も抜群。

滑り防止のために、前後左右全てに固定ベルトがついているのもGoodですね。

ただ、こちらの商品は防水仕様になっていません。

雨天走行の時は、防水スプレーをするなど対策が必要です。

Rightline Gear

こちらはアメリカで人気のメーカーの商品です。

ルーフバック

出典元:楽天市場

収納量はなんと510Lの超大容量

防水面に特化した生地やジッパーを使っており、完全防水です。

急な悪天候にも大丈夫なので嬉しいですね。

お値段は、一般のルーフバックに比べると少し高めですが、性能から考えるとかなりリーズナブルだと思います。

THULE(スーリー)

こちらのルーフバッグは、ルーフボックスでも大手のTHULEのルーフバッグです。

ルーフバック

出典元:楽天市場

内容量250Lの大容量の収納可能で、素材、耐久性共にこだわったトップクラスのルーフバッグです。

付属品に収納用のキャリーバックも付いており、コンパクトに収納できる上、持ち運びも簡単にできます。

しかし、ルーフラックに固定しかできない点に注意が必要です。

安心の大手メイカー品ということで、お値段は少し高めです。

まとめ

さて、ここまではルーフレールのない車にルーフボックスをつける方法をご紹介しました。

少し復習してみましょう。

  1. ルーフオンタイプを使う
  2. ルーフバッグを使う

その中でも筆者のおすすめは、「お手頃で使いやすいルーフバッグ」を使うです。

それでは、用途やご自分の車に合わせて正しく選び、楽しいルーフボックスライフを楽しんでください。