ルーフボックスの塗装はラッカースプレーで可能なのか?

ルーフボックス塗装

ルーフボックスナビ編集部です。

ルーフボックスの塗装を考えている、そこのあなた!

本当にその塗料で大丈夫ですか?

ホームセンターに行くと塗料がたくさんありますよね。

その中でも、人気なのがラッカースプレーです。

でも、ラッカースプレーってなんですか?

どんな性質があって、危険がありますか?

今回は、ルーフボックスの塗装をラッカースプレーで検討中の方に、本当にラッカースプレーで塗装ができるのか、ご紹介します。

ラッカースプレーって?

ルーフボックス塗装

出典元:amazon.co.jp

ホームセンターに行くとスプレー塗料が売られていますよね。

同じメーカーの同じ色でも、アクリルスプレーと、ラッカースプレーがあるのをご存知ですか?

似たような、パッケージをしていますし、同じものなのでしょうか?

詳しくご説明します。

特徴

ラッカースプレーとは、溶剤を揮発させることにより、10分や20分程度で早く乾き、硬い耐久性のある塗面を作る特徴があります。

また、発色が良く、磨くと光沢が出ます。

これだけ聞くとかなり優れもののように感じますが、デメリットもあります。

ラッカースプレーは、強い溶剤系の塗料ですので、ウレタン、油性(アクリル)、水性などの塗料の上に塗ると、下の塗料を溶かしてしまいます。

それに加え、溶剤が強いので、ゴムなどを長時間当てていると、ゴムやプラスチックを溶かしてしまうこともあります。

また、薄めるためには専用の溶剤が必要など、取扱が難しい塗料です。

ラッカーの長所と短所

長所

  • 速乾性がある(10分から20分くらいで乾く)
  • 耐久性が比較的高い(ウレタン塗料などには劣る)
  • 発色が良い

短所

  • 重ね塗りができない(他の溶剤を溶かしてしまう。)
  • ゴムやプラスチックなどを溶かすことがある(市販品だとそこまで強いラッカー塗料は少ない)
  • 薄めるのに専用の溶剤がいる

どこで売ってる

ラッカースプレーはどこ手に入るのでしょうか?

実は簡単に手に入ります。

ホームセンターやインターネットから購入することができます。

値段

費用

ラッカースプレーの値段はいくらなのでしょうか?

他のスプレー塗料とほとんど変わらず、1000円以内で購入することができます。

ルーフボックスを塗装できるのか?

ルーフボックス

ここからが本題です。

ラッカースプレーで、ルーフボックスを塗装することができるのでしょうか?

塗装はできる!

出典元:Imgur.com

結論から言って、塗装はできます!

本当のラッカー塗料は、プラスチックやゴムを侵すので、金属や外壁などに使われます。

しかし、市販のラッカースプレーは、アクリルラッカースプレーといって、プラモデルなどの塗装に使えるように改良されているので、使用することが可能です。

ただし、下地を塗ってからの塗装はできません。

そのため、ラッカースプレーで塗装する前は、サンドペーパーなどで、塗装する面を削り、しっかり油分を落としてから、塗装しましょう

最適ではない!?

ラッカースプレーで、ルーフボックスの塗装ができるものの、最適ではありません。

ラッカースプレーは、耐久性は比較的高いのですが、それよりも耐久性の高い塗料があります。

ウレタンエポキシフッ素樹脂塗料の方が、長持ちし色落ちしにくです。

しかし、ウレタン、エポキシ、フッ素樹脂の塗料は値段も高く、手に入りにくく、あまり一般的ではありません。

耐久性や長持ちにこだわりたい方は、この三種類の塗料を使ってみてください。

まとめ

今回は、ラッカースプレーについてまとめました。

いかがでしたか?

簡単にまとめてみましょう。

  • ラッカースプレーは速乾性、耐久性、発色に優れている。
  • ラッカースプレーは強い溶剤を使用しているので重ね塗りができず、ゴムやプラスチックを溶かしてしまうことがある。
  • ラッカースプレーで、ルーフボックスを塗装することが可能だが、もっといい塗料もある。

ルーフボックスを自分好みに塗装して、楽しいルーフボックスライフを送りましょう!