Amazonベーシックルーフボックス(バック)は使いやすい?

ルーフバックを車に設置してのキャンプやお買い物をする人が最近増えてきましたよね。

とはいえ、ルーフボックスやルーフバックを設置する機会は、一般の方はまだまだ少ないのが現状です。

どんなルーフバックが良いのかよく分からないかもしれません。

そこでルーフトップカーゴバッグをAmazon通販でお探しに最適な製品を紹介します。

Amazonベーシックルーフトップカーゴバッグとは

 

通信販売の中でも格安でたくさんの商品を販売しているアマゾン。

ベーシックルーフトップカーゴバッグを探している方に、製品の特徴や価格について紹介しましょう。

特徴

Amazonで販売されているベーシックルーフトップカーゴバッグは、いくつかの製品があり、各々の特徴が違うのが分かります。

標準的なルーフボックス(バック)の乗用車用から大型車両用のものまでそろっています。

【見ておきたい特徴】

・機密性/密封性
・気圧設計
・防水性
・容量・重量の大きさ
・素材(滑り止め/衝撃吸収など)
・色落ち(日光)

高速での走行や雨天の走行、荷物の最大容量は最低限確認しましょう。

価格

主な価格として、Amazonのルーフボックス(バック)は5千~3万円です。

価格の開くが大きいので、安く折りたたみのような手軽なものを選ぶか。

本格的な2万近くする機能性の高いものや付属品のあるものなど価格にあわせて選択できますね。

 

どれくらい入るのか?

 

ルーフボックス(バック)は、荷物を入れる容量としてどのくらいあるのでしょうか。

内部空間の広さはもちろんのこと重量限界などが大きいほどたくさんの荷物を運ぶことができますよね。

ではルーフボックス(バック)の容量と収納について紹介しましょう。

大容量

ルーフボックスなら大容量までありますが、ルーフバックだと素材や安定性などから300~400L容量の製品が一般的です。

ルーフバックは容量や重さが大きくなりすぎるのはまずいので、500L以下がほとんどの製品の基準となっています。

大容量としては、ルーフバックであっても500Lを超える製品があります。

かさばらずに収納できる

布団やシートといった類の荷物は、かさばることが多いです。

ですので袋で空気を抜いておいたり、綺麗に折りたたんでから積んだ方が収納に適しています。

専用の掃除機を使った収納製品も販売されていますよ。

 

購入方法

ルーフボックス(バック)は専門のカーショップなどで販売しています。

しかし、残念ながら国産メーカーのものだけです。

人気の輸入品は通常店舗では販売されていません。

主に通販のAmazonや楽天、カー用品販売サイトなどで購入することができますよ。

購入方法として通販(Amazon)を選ぶ際は、通販と言う性質上、実物の確認ができません。

サイズや品質はもちろんのこと、Amazon内の販売実績のあるしっかりとした相手から購入しましょう。

 

他のルーフバックとの比較

ルーフバック

出典元:楽天市場

ルーフバックは、ベーシックルーフトップカーゴバッグ以外にさまざまあります。

特におすすめのRightline Gearについて紹介します。

 

Rightline Gearもおすすめ

米製品として輸入されるほど人気なのが『Rightline Gear』です。

容量を比較して、まったく引けをとっていませんね。

設置方法はさまざまで、軽自動車から乗用車までどの車種でもフィットするので安心してお選びいただけますよ。

 

Rightline Gearのイチオシポイント

特にサイズにぴったりとフィットするので、Rightline Gearは車種や型(大型車など)に設置することができる万能タイプです。

中でもいちおしのポイントは、防水性能と大容量を誇る性能です。

軽自動車向けでも250L、乗用車でも500Lと大容量の荷物を積めます。

 

まとめ

Amazonでベーシックルーフトップカーゴバッグをお探しの方は、容量や価格を見てどれにするか選びましょう。

また、人気の高いRightline Gearも購入前に一度検討してみると良いでしょう。