ルーフボックスの取り付け方法と適切な位置

ルーフボックス

ルーフボックスナビ編集部です。

今回は、ルーフボックスの購入前に、あらかじめ取り付け方を調べておきたい方向けの記事になります。

購入してかたら、上手く取り付けることができなかった・・!ということになってしまわないように、しっかりと確認をされてみてくださいね!

ルーフボックス取り付けステップ

それではまず、ルーフボックスを取り付ける大まかなステップからご紹介していきたいと思います。

大きくは2段階のステップで取り付けを行っていきます。


  1. 購入するルーフボックスを決める
  2. ルーフキャリアの設置
  3. ルーフボックスの取り付け

それぞれのステップについて、詳しく解説していきます。

購入するルーフボックスを決める

ルーフボックスの設置にあたっては、色々と周辺パーツが必要になってきます。

そして、その周辺パーツはルーフボックスのメーカーやモデル毎に違ってきますので、まずはどのルーフボックスを購入するのかを先に決めておく必要があります!

まずはルーフキャリアを設置する

実はルーフボックスを取り付ける前には、ルーフキャリアというものが先に必要になります。

ルーフキャリアというのは、以下の画像のパーツになります。

 

完成形をよく確認してみると、ルーフボックスが載っている下には、ルーフキャリアが設置されていることが分かりますよね!

まずはこのパーツの設置が必要になってきます。

ルーフキャリア

出典元:camp hack

 

ルーフボックスを取り付ける

ルーフキャリアの設置が完了したら、いよいよルーフボックスを取り付けていくことになります。

ルーフボックスの取り付け方法は、各メーカーごとに微妙に異なっているので、後でメーカー毎の取り付け方法をご紹介していきます。

ルーフキャリア設置に必要なパーツ

購入するメーカー、モデルにあったものを購入するように注意されてください!

規格が合わないものを購入してしまうと、取り付けができません。

フック

ルーフキャリアを車体に引っ掛けるためのパーツになります。

 

バー

こちらは文字通り、見た目通りの棒になります。

この上にルーフボックスが載ることになります。

スクエアーベースステー

フックとバーを連結するためのパーツです。

これら3つが一組になって、ルーフキャリアが完成する形になります。

ルーフボックスの取り付け方法

ルーフボックスはメーカーごとに様々なモデルがあります。

それなので、全てのモデルの取り付け方をここで紹介することが難しいのですが、各メーカーの代表的なモデルについて、取り付け方の紹介をしていきます。

どのメーカー製品にするか判断する際の参考にしていただければと思います。

THULE(スーリー)の取り付け方法

スーリーで代表的なのは、このパワークリックのタイプです。

手で簡単に締めて固定することができるので、取り付けが比較的簡単です。

パワークリック

TERZO(テルッツオ)の取り付け方法

TERZOの代表的なモデルで採用されているのは、スマートクランプを使っての取り付けです。

こちらもスーリー同様に、手で簡単に締めて固定することができます。

スマートクランプ

 

INNO(イノー)の取り付け方法

イノーでは2015年くらいまでは、クイッククランプというやや取り付けが難しいタイプが主流となっていました。

しかし最近では、他メーカーと同様に手で回せるダイヤル式の装着方法に切り替わってきています。

イノースイングクランプ

適切な取り付け位置はどの辺か?

取り付け位置

出典元:みんから

よくご質問をいただくのは、取り付け位置に決まりがあるかどうかという点です。

結論から言いますと、特に位置に決まりはありません(笑)

それなので、多少左右に寄ってしまっていたりしても、しっかりとルーフキャリアにルーフボックスが固定されていれば、問題はありません。

駐車場の構造の問題などで、どちらか左右に寄せて取り付けをされたい場合などがあるかと思いますが、特にご心配する必要はないです。

まとめ

さて、ここまでルーフボックスの取り付け方をご紹介してきました。

もう一度重要なポイントを振り返ってみましょう。

  • まずは購入するルーフボックスを決める!
  • ルーフボックスに合ったルーフキャリアを設置する
  • ルーフキャリアを設置できたら、ルーフボックスを取り付ける
  • ルーフボックスの取り付け位置はそれほど気にしなくても大丈夫

しっかりと取り付けを行って、楽しいルーフボックスライフを送っていきましょう♪