terzo(テルッツォ)のおすすめルーフボックスを徹底比較

ルーフボックスナビ編集部のみほです。

ルーフボックスをご検討中の皆様、せっかくなら、デザインがカッコよくて、容量もあって、予算に合うルーフボックスを購入したいですよね?

 

そんな時、参考になるように、今回は、ルーフボックスメーカーの中でも有名なterzo(テルッツォ)の商品を徹底比較しちゃいます!

是非、ルーフボックス購入時の参考にしてください。

 

terzoってどんな会社?

 

「ファンづくりがすべての原点。PIAAのファンになってもらいたい。」を信念にしています。

PIAAってなんぞやというと、市光工業株式会社の一般補修部品販売部門から分離独立し、HID・LEDバルブやランプ、ワイパー、キャリア等の自動車部品、二輪部品を製造販売している会社です。

グローバルに活躍する、自動車用ランプとミラーのサプライヤー市光工業のグループ会社であるということは、品質にも信頼がおけますよね。

では、さっそくterzoの商品をチェックしていきましょう!

デザイン性重視のルーフボックス

AERO GT

色:高級感溢れる「メタリックブラック」「メタリックシルバー」

容量:流麗なデザインのため、センターボリュームがあり大容量(450L,410L)

みほコメント:流れるようなデザイン。。このルーフボックスなんと、、イタリアトリノを拠点とする乗用車ボディデザインの老舗「ピニンファリーナ」のデザインなんです。どーりで、おしゃれ過ぎますね。

おしゃれで容量のあるルーフボックスをお探しの方は是非!

SYMMETRICK(シンメトリック)

色:ホワイト、ブラック、シルバーメタリック

容量:320L

みほコメント:細部までこだわった、前後左右対称のデザインですね。

底面までロゴマークをデザイン。このロゴマークが車体に写りこんで見えるのが可愛いんです!!!(女子ウケですよ♪)

遊び心のあるルーフボックスをお探しの方は是非!

 

使いやすさ重視のルーフボックス

バミューダフレックス

色:ご写真の通りです!(グレー系ですね)

容量:コンパクトカー向けの370Lと、収納力抜群な570L

みほコメント:徹底的に使いやすさに拘った進化モデルですね!

「ルーフバック」感覚で使わないときの保存もらくらくです。

車高制限のある駐車場の方にも最適!

取り付けたり、取り外したり、臨機応変な使い方をしたい方は、このルーフボックスがおすすめ!

ローライダーフレックススリム

色:ホワイト、ブラック、シルバーメタリック

容量:アップ時350L,ダウン時280L

みほコメント:フレックス。。。フレックス!!

その名の通り、カバーが伸びます!積載量がアップできます!

これで、あらゆるシチュエーションに対応可能ですね!

車との一体感もあるデザインで、実用性も◎!特許のあるデザインです!

もう少し、サイズが小さくてもいいなー。って方には、

ローライダーフレックスコンパクト

色:カラーはデザインはスリムと同じです。

容量:アップ時300L,ダウン時250L

みほコメント:コンパクトサイズをお探しの方は是非!

スタンダードなルーフボックス

ローライダー・スリム

色:ホワイト、ブラック、シルバーメタリック。

容量:280L

みほコメント:長尺物も積載可能なロングサイズ!スキー板も入ります!

高さを抑えても大容量!薄型ルーフボックスのパイオニアです。

ローライダー・コンパクト

色:ホワイト、ブラック、シルバーメタリック。

容量:250L

みほコメント:ワゴン、ミニバン、セダンなど小さめの車にもマッチするルーフボックスです!

エアロクロスライダー

色:ブラック、ホワイト。

容量:小さくても高さがあるため、270Lです!

みほコメント:軽・コンパクトカー用はこれ!

厚みのある荷物にも最適です!

 

まとめ

皆さん、気になるルーフボックスはありましたか?

ご自身の用途や車に合わせて、オンリーワンのルーフボックスを選んで快適なカーライフをお過ごしください!